歌碑③
平成11年建立
茨城県筑波産 筑波石
ハンノ木
ハンノ木
右側道路へ行くと富来田公民館
  

作者 望陀郡上丁玉作部国忍
  

BACK
案内標識
  
揮毫 辻元大雲氏(袖ヶ浦市在住)
  
    い
旅衣 八重着重ねて 寝のれども
ゆきだー!!
  
斜めに設置した歌碑のため雪が積もると文字が読めません
  
たびごろも やえきかさ
BACK

万葉集 巻20(4351)

喫茶「ハンノ木」
  
小さな路の駅と歌碑
  
  いも
小さな路の駅と歌碑
  
小さな路の駅
  
旅に出て、旅の衣を幾重にも重ね着して寝るけれども
やはり肌寒い、妻のようなぬくもりがないのだから。
  

©2005umakuta.kisara
解釈
  
はださむ
なお肌寒し 妹にしあらねば
歌碑前の休憩処
  
馬来田駅
富来田公民館
馬来田小学校
富来田中学校